ウゲインの効果や副作用は?

ウゲインとは

AGA治療薬ウゲイン

ウゲインとはAGAや男性型脱毛症を改善するための治療薬であり、ウゲイン5%は塗り薬となりますがウゲイン10㎎は経口薬になります。

主成分であるミノキシジルが薄毛に作用しますが、そのメカニズムは頭皮の毛細血管を広げて血液の巡りをよくするため発毛を促進するというものです。

ウゲインは頭頂部に限らずおでこの生え際などにも効果的で、抜け毛が止まらない男性や薄毛に悩んでいる方にジェネリックとして大変人気があります。

ウゲインの効果と副作用

ウゲインとは、AGA(男性型脱毛症)を改善するための治療薬です。

錠剤タイプの薬で、1日1回服用するのが一般的ですが、特に飲む時間の決まりは設けられていません。

気になるのは、その効果と副作用ですが、まず期待出来る効果は頭頂部やおでこの生え際の発毛促進です。

ウゲインに含まれている成分は多くの育毛剤でお馴染みのミノキシジルなのですが、このミノキシジルが作用し、頭皮の毛細血管を広げて血液のめぐりを改善していきます。

抜け毛が止まらない、薄毛に悩んでいる、簡単な飲み薬で育毛・増毛したいと考えている人に人気があります。

効果の出方には個人差がありますが、早い場合は1~2週間程度で、多くの人が2~4か月程度で抜け毛が減り、産毛のようなものが生えてきます。

その後も服用を続けると、徐々に太くてコシのある毛髪が発毛していきます。

一方の副作用ですが、元々ミノキシジルは血管拡張剤として高血圧の患者に処方されていた医薬品である事から、使用する事で血圧が低くなってしまう事があります。

そのため低血圧の人や高血圧で治療中の人は注意が必要です。

また人工透析を受けている人も控えた方が良いとされています。

他にも頭痛、不整脈、性欲減退、むくみなどの症状が出る事もあります。

ウゲインの口コミ

ウゲインはミノキシジルが配合されているAGAの治療薬で内服薬です。

内服薬のため、血液から体内に循環するので、塗布薬と違って満遍なく発毛効果が期待できるとされています。

実際ウゲインを使ったことのある人の口コミとしては、他の薬ではこれまで効果は無かったのもの、ウゲインは続けているうちに、髪の毛一本一本が太くなってきて効果が実感できているといった良い口コミが多数あります。

効果が無かったという口コミも少数ありますが、これはまだ使い始めてからの日が浅いため、効果が実感できていないというものです。

効果を実感するためには、ある程度継続して使用していくことが大切です。

なお、副作用は感じられないという口コミが上がっています。

ページTOP